ニューストピックス

家電量販店でトウモロコシ収穫体験/異業種と協同で地元産PR/JAあいち豊田営農部

2019.07.22

 JAあいち豊田は7月6日、豊田市三軒町にある家電量販店エディオン豊田本店と協力し、トウモロコシの収穫体験を同店で開きました。家電店に登場したトウモロコシ畑に来場客は興味津々。多くの子どもが朝採りトウモロコシの収穫を楽しみました。
 JAは、地産地消の推進と農家所得の向上を目指し、異業種と協同して地元農産物をPRしています。同店での農産物販売は昨年7月にスタートして、今回で4回目となります。
 この日は、JA青年部次代の会の会員が育てたトウモロコシを使いました。同会員が早朝から茎ごと収穫したトウモロコシを同店2階のイベントスペースに立てて畑を再現しました。1本200円(税込)で、50本限定の収穫体験に多くの子どもが参加しました。規格外の桃やトウモロコシの試食販売も行い、多くの人が買い求めました。
 収穫体験した子どもは「トウモロコシがこうやって育っていると知らなかった。収穫は楽しかった」と話しました。JA園芸販売課の熊谷実課長は「1人でも多くの人に地元農産物を知ってもらうため、このような活動を始めた。今後も地元産を手に取ってもらえる機会を増やしていきたい」と話します。

写真=トウモロコシを収穫する子ども