ニューストピックス

JAカフェで健康講話/初のコラボ開催/JAあいち豊田助け合いの会/ふれあい北部センター

2019.08.30

 JAあいち豊田助け合いの会「ふれあいの輪」とふれあい北部センターは8月28日、JA愛知厚生連足助病院でJAカフェと健康講話を開きました。2つを同時開催したのは今回が初めて。組合員や同病院職員など約60人が参加し会場はにぎわっていました。

 JAカフェは地域医療のスペースを社交の場にも利用してもらおうと考え始まったものです。中山間地域は高齢者世帯が多く、病院に通う以外に外出を楽しむことのない人たちがたくさんいることも理由です。講話が始まるまでの楽しいひと時を過ごしてもらって、緊張がほぐれたところで健康講話を開催しました。「明るく楽しく元気よく」の演題のもと、同病院の早川富博名誉院長が健康寿命や認知症の予防などユーモアを交えながら約1時間話しました。講話を聴きに来た参加者の1人は「バランスのいい食事を心がけて健康寿命を延ばしたい」と話していました。

 同JAは組合員の居場所作りに力を入れています。JAカフェに加え、JAの金融支店や料理教室など現在3カ所で気軽に立ち寄り組合員同士が交流できる場所を提供しています。

写真=熱心に健康講話を聴く参加者ら