ニューストピックス

「特秀」で付加価値を向上/みよし市果樹組合共選柿部

2019.10.11

 みよし市果樹組合共選柿部は今年から付加価値を付けた等級、特秀「甘みよしpremium」を追加し、直売所で販売します。10月11日みよし市三好町のグリーンステーション三好で柿の目揃会を開いて、部会員に説明しました。同市産の柿をさらにブランド化し、農家所得向上を目指します。

 この日は、部会員が持ち寄ったサンプルの柿の色や大きさ、糖度などを見て出荷規格を説明しました。今まであった等級「秀」「優」「良」に加えて、糖度18度以上の柿を「特秀」と定めて、「甘みよしpremium」として付加価値を付けて販売します。品種は富有で3玉1000円と高値の販売を予定しています。

 今年の夏は梅雨明けが遅かったが、その後暑い日が続いたため順調に生育しました。カメムシなどの病害虫の発生も少なく、上々の出来です。同部会の近藤進部会長は、「よい状態の柿が出荷できるように気を付けて作業してほしい」と話しました。

 同部会では、36人の部会員が約9ヘクタールで柿「富有」「次郎」「太秋」「陽豊」を栽培しています。10月17日から荷受が始まり、出荷は11月下旬まで続きます。出荷量は50トンを予定しています。

写真=柿の出荷規格を確認する部会員