ニューストピックス

ジャンボ梨「愛宕」1玉に36万円/プレミアム規格に高値/JAあいち豊田

2019.11.06

 JAあいち豊田梨部会が出荷した梨「愛宕」のプレミアム規格が、1玉36万円の高値で取引されました。11月6日、豊田市高崎町の豊田市公設地方卸売市場で取引され、有限会社豊田市民市場ピカイチの鈴木正也代表取締役社長がせり落としました。昨年も同様の規格で出荷し16万円で取引されたが、今年は倍以上の値がつきました。

 高値がついた梨は、毎年開くジャンボ梨コンテストで今年1位になった同部会の梅村長史さんが栽培した梨。重さ2.668キログラム、胴回り59.1センチメートルでプレミアム規格として1玉限定で市場に出荷しました。この日は、同部会の川上浩司部会長やJAの柴田文志組合長、太田稔彦豊田市長も市場を訪れ、取引を見守りました。

 昨年度の梨「愛宕」の出荷量は約30トン。その中で化粧箱に入れて出荷する大玉が約8トンあります。1玉2キログラムを超えるものは、1パーセントに満たないほど大変希少で、このサイズで市場流通することは非常に少ないです。化粧箱入りは1玉入り4000円前後で、今回は90倍にあたります。JAの柴田組合長は、「とよたの梨を多くの人に広めていきたい」と話しました。

 プレミアム規格のジャンボ梨は、同市が掲げる『WE LOVE とよた』への取り組みとして、豊田森林組合で作られた特製木箱の化粧箱に、同市小原地区の小原和紙を敷くなど、豊田市産をふんだんに使用。丁寧な出荷で高級感を演出しています。

 梨「愛宕」の出荷は、豊田市場の他、名古屋、岡崎、浜松の市場でも開始し、12月中旬までの出荷を見込んでいます。

写真=36万円で取引されたジャンボ梨を手渡すJA梨部会の梅村さん(右)