ニューストピックス

1年間の農業体験を通じて/ちゃぐりんキッズクラブ閉校式/JAあいち豊田女性部

2012.11.17

JAあいち豊田女性部は11月17日、豊田市四郷町にある豊田市農ライフ創生センターで2012年度の「ちゃぐりんキッズクラブ」閉校式を行い、同クラブの会員や同JA女性部員など合わせて27人が参加した。会員らは意見交換会などをして今年度の活動を締めくくった。

これは同JA女性部が取り組む食育活動の一環で、同JA管内の小学生や園児とその家族を対象に募集し、農業体験と調理実習を通じて食と農の大切さと楽しさを学ぶもの。

この日会員らは、同JAの伴野洋明営農指導員から現在栽培しているハクサイ・キャベツ・ダイコン・ブロッコリーなどの収穫適期の説明を受けた。その後、意見交換会を行い会員らがこの一年を振り返った。会員からは今後挑戦してみたい野菜などが挙げられた。また、同JA女性部員らがちゃぐりん畑で収穫したサツマイモで作った鬼まんじゅうが会員らに振舞われた。同JA女性部の増田純江部長は「ちゃぐりん畑で収穫した野菜でクリスマスの食卓を飾ってほしい。来年もぜひ参加してもらいたい」と話していた。

同クラブは子どもらに食と農の大切さと楽しさを知ってもらおうと9年前に発足。同JA農業振興部が広報誌などを使って呼びかけ今年は12家族が参加している。今年度は農業体験と料理教室、来月8日に行う「おでかけ交流会」のあわせて年8回開き終了となり、同JA女性部の食農教育の実践の場としている。