ニューストピックス

農業機械の点検講習会開く/藤岡・小原地域で初/JAあいち豊田

2020.02.19

 JAあいち豊田は2月19日、JA藤岡支店で農業機械の簡易点検講習会を開きました。この日は藤岡・小原両営農センターが呼びかけ、組合員30人が参加し実際の農業機械を使った簡易点検方法や農業機械事故の安全講習について学びました。この地域で農業機械の点検講習会を開いたのは初めてです。

 これは、農家が農業機械を使用する際に自ら整備点検することで故障を未然に防止し、修繕費を節約して農業所得の向上につなげようというものです。講習会では、メーカー担当者が使用頻度の高いトラクターや田植え機を使って、農機具の点検方法やメンテナンス技術を説明しました。実際の機械を動かして、農業機械の裏側の部品の動きを説明したり、刃を変えるタイミングなどを指導しました。組合員は正しい管理について学びました。

 参加者の一人は「初めて聞く話も多く、あらためて学ぶことの大切さが分かった」と話しました。主催した藤岡・小原営農エリアの伊藤茂樹エリア長は、「年々増加する農作業事故を防ぐためにも、農業器具の簡易点検に心がけてほしい」と話しました。今年の夏には、コンバインを使った農業機械の講習会を予定しています。

写真=機械の点検方法を確認する参加者ら