ニューストピックス

甘さ抜群の「とよたの桃」/早生品種の主力「日川白鳳」収穫開始/JAあいち豊田桃部会

2020.06.24
 県下有数の生産量を誇る桃の産地、豊田市猿投地域で早生品種の主力「日川白鳳」の収穫が始まりました。昨年秋の雨の多さや、暖冬、今年の春の低温などで、病害虫の発生が例年より多く、収穫量はやや減少傾向ですが、味や大きさに問題はなく甘さ抜群の桃となりました。
 昨年より2日早い、6月24日から収穫がはじまりました。JAあいち豊田桃部会の森清人部会長の畑でも作業が行われました。前日には、同市四郷町町にある同JA猿投選果場で目ぞろえ会を開いて、出荷規格を確認しました。24日の収穫作業は、一つずつ、丁寧に玉の形や大きさ、熟度の様子を見ながら収穫しました。森部会長は「青すぎず、色味すぎず、熟度に気を付けて収穫し、消費者に一番おいしい状態で届けられるようにしたい」と話していました。
 収穫された桃は、同選果場に運ばれて、光センサーで「糖度」「熟度」「着色」などで選別し、甘みのあるおいしい「とよたの桃」として豊田市場をはじめ、名古屋市や岡崎市、静岡県の浜松市などの市場へも出荷されます。店頭に並び始めるのは26日の予定です。「日川白鳳」は1ケース5キロの1万7000ケース出荷する予定で、1週間から10日間が最盛期です。
 同部会は、47戸の農家が合わせて50.56ヘクタールで9品種の桃を栽培しています。「ちよひめ」から始まった出荷作業は、今後7月中旬からの中心品種「白鳳」を経て、「ゴールデンピーチ」などの晩生品種が終わる9月上旬まで、順次収穫・出荷されます。今年は440トンの出荷を見込んでいます。
 
写真=桃の様子を見ながら収穫する森部会長