ニューストピックス

親子2世代、3世代で農業体験/アグリスクールで秋冬野菜の種まき/JAあいち豊田女性部三好支部はぐくみの会

2020.09.05
 親子2世代、3世代で農業体験をするアグリスクールは9月5日、みよし市三好町の畑で秋冬野菜の種をまきました。同スクールは、JAあいち豊田女性部三好支部「はぐくみの会」が毎年開いている食農教育の一環で、この日は10家族21人が参加しました。
 この日は、参加者がそれぞれ管理する畑の畝に、ダイコンやニンジン、ネギなどの秋冬野菜の種を植えました。また、6月5日に植えたサツマイモ「紅はるか」の試し堀りをしました。例年は、取れた野菜を料理して女性部がふるまう収穫祭を行ったり、ミニデイサービスで野菜を提供しますが、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、中止を予定しています。参加した家族は、「世代を越えた人と農を通じて交流できることがうれしい」と話しました。今後は、10月16日にサツマイモ、11月下旬に秋冬野菜の収穫を予定しています。
 「はぐくみの会」は、同支部で農業体験などの「食」と「農」に関する活動をする会です。手作業を中心とした農業体験や調理実習などの活動で、食文化の次世代への継承と健全な食生活の実現を目指しています。
 
写真=畑に野菜の種をまく参加者