ニューストピックス

春の七草出荷に向けて最終打ち合わせ/春の七草目ぞろえ会/JAあいち豊田松平営農センター

2012.12.21

1年間の無病息災を祈って正月7日に食べる「春の七草」の出荷目ぞろえ会が12月21日、JAあいち豊田松平営農センターで開かれ、栽培農家・愛知県豊田加茂農林水産事務所農業改良普及課職員・経済連・同JA職員など合わせて12人が出席した。
 これは、年末から年始にかけて行う収穫・調整・出荷作業に向けて出荷規格の統一を図るとともに、目標出荷パック数に向けて各生産者の出荷量の調整を目的に毎年この時期に行っているもの。今年は平年より気温が低く生育はやや遅れているが、病害虫などの被害はない。生育が遅れている中で、どれだけ出荷可能な規格を確保できるか検討した。

この日は、生産者らが持ち寄ったセリやナズナなどの七草を、草丈や新葉の枚数など一品目ずつ見ながら出荷規格の変更点や荷姿を確認。JA職員が各農家の栽培状況を聞きながら、出荷予定数量や調整作業の日程などを話し合った。同農業改良普及課の鈴木暁生専門員は栽培管理について「今週末から来週にかけて寒波がやって来る。七草出荷前の品質を揃える大事な時期なので、肥料切れしないよう注意してもらいたい」と呼びかけた。
 七草は短期決戦に向けて大みそか・正月を返上して家族総出の収穫・調整・出荷作業を行い、同センターに出荷する。集荷された七草は同JA職員とアルバイト約30人で、正月の2~4日の3日間でパック詰めされる。また、今年からベルトコンベアでの選別作業も導入される。今年は約40,000パックを出荷する予定。また、宅配で七草と地元産米「ミネアサヒ」と地元産の梅で作った梅干しを詰め合わせた「七草がゆセット」は、約1,000箱の発送を予定している。