ニューストピックス

健康と笑顔を高齢者に届けるサービスを続けて/豊田ミニデイサービス/JAあいち豊田助け合いの会「ふれあいの輪」豊田支部

2013.05.15

JAあいち豊田助け合いの会「ふれあいの輪」豊田支部は5月15日、豊田市平芝町にある平芝区民会館でミニデイサービスを行い、同地区の65歳以上の高齢者や同支部の会員、同JA職員など41人が参加した。

 これは、同JAが取り組む介護を必要としない元気な高齢者に対する福祉活動の一環として行ったもの。この日は、同JAオリジナルキャラクターの「こめったくん」が登場しダンスの披露などして楽しんでいただいた後に、ペットボトルのキャップを使ったアクセサリー作りなどを行った。昼食には同支部の会員らが作った炊き込みご飯などが用意された。また、看護師の資格を持つ同JA指導課の片山裕子健康相談員が「健康の6つのポイント」として、食事の管理や体を動かすことの大切さなどを参加者らに呼びかけた。

同会には8つの支部と病院ボランティア協力会があり、現在合わせて259人が会員登録している。支部ごとに助け合い活動を通じて安心と豊かな暮らしを築くことを目的に、ミニデイサービスをはじめ社会福祉に関する情報の収集および提供などを行っている。また、管内にある2つのJA愛知厚生連の病院でのボランティア活動も行い、車イスの介助や修理、庭園の草取りなどに参加している。