ニューストピックス

活動を通じて交流の輪を広げる/第11回JAあいち豊田年金友の会総代会/JAあいち豊田年金友の会

2013.06.03

JAあいち豊田年金友の会は6月3日、豊田市西町にある同JA本店ふれあいホールで第11回年金友の会総代会を開き、同会の支部長と総代合わせて158人が参加した。

総代会では、2012年度事業報告及び活動費報告と2013年度事業計画及び活動費計画の承認など3つの議案を上程し、すべて承認可決され、吉中支部の山本久雄さんが2013年度新会長に選任された。来賓として出席した同JAの柴田文志代表理事組合長は「昨年に引き続き今年も形を変えてイベントを用意していきたい」とあいさつした。また、この日は総代会終了後に介助犬専門訓練施設「シンシアの丘」を運営する日本介助犬協会の広報担当者を講師に迎え介助犬を紹介。同協会の活動や介助犬が不足していることなどを説明し、募金をなどの協力を呼びかけた。

同会はJAを窓口とする各種年金の受給者が会員となっている。41支部で構成され、会員は昨年より1,141人増えて30,873人(2013年3月31日現在)が登録している。会員の文化・趣味・娯楽・保健を通じて会員相互の親ぼくを高め、合わせて老人福祉の向上、明るい豊かな暮らしの構築を目的とする同会では、ゲートボール大会などの健康管理活動をはじめ、様々な活動に取り組んでいる。