ニューストピックス

1支店1協同活動(小原支店・上仁木支店)/地域住民の活性化に向けた取り組みに協力/おばら夏まつりと軽トラあんどんパレードに参加

2013.08.15

JAあいち豊田小原支店と同JA上仁木支店は8月15日、豊田市小原町の小原ふれあい公園で開かれた「小原夏まつり」にボランティアとして参加した。

 同まつりが開かれる同市小原地区には同JAの金融支店が2店舗あり、地域の一員として以前からこのイベントに支店長らが参加していた。今年は同JA金融部が取り組む1支店1協同活動のひとつと位置づけ、支店の職員全員に加え同JA小原営農センターの職員も協力。あわせて14人が実行委員会や地域住民とともにまつりの運営に参加した。
 
  

この日職員らは、人気企画の地元名物「五平餅」の振る舞いを担当した。自治区の代表者らとともに3000本の五平餅を炭火で焼いて準備。振る舞いが始まる午後6時30分には、焼きたての五平餅を楽しもうと多くの人が並んだ。また、まつりにあわせて開いた新イベント「軽トラあんどんパレード」にも参加。地元の産直グループと協力して同JAのキャラクター「こめったくん」のあんどんを製作し、前日の14日に地区内を軽トラックの荷台に載せてパレード行った。