ニューストピックス

役職員の団結を図り組合員に愛されるJAを目指す/JAあいち豊田役職員大会/JAあいち豊田人事部

2013.08.24

JAあいち豊田は8月24日、豊田市西町の同JA本店ふれあいホールで2013年度の同JA役職員大会を開き、同JAの役員および正職員合わせて約630人が出席した。これは役職員全員が意思統一を図り、一致団結してJA運営にあたるために行ったもので昨年に引き続き2回目。

同大会ではJA綱領の唱和に続き、昨年度各方面で活躍した同JA職員を紹介。同JA柴田文志組合長は「これからもJAを利用する組合員が増えていく。職員の一人ひとりが将来のJAのあるべき姿を意識しながらJA事業に取り組み、組合員との絆づくりに努めてほしい」とあいさつした。その後、同大会の基調講演として協同組合経営戦略フォーラム代表の坂野百合勝氏を講師に迎え「地域に輝き続けるJAをめざして!」を行った。坂野氏は講演の中で「これからは次世代の組合員をJAファンにすることが重要。身近な支店を核とした活動に傾注し、JAが誰のために何のためにあるのかしっかり考えて欲しい」と呼びかけた。

同JA役職員大会は、昨年同JA合併10周年記念事業の一環として初めて開催。今年も役職員が協力して地域の特徴を生かしたJA運動を展開していくために団結して取り組もうと開催された。