ニューストピックス

地元産果物が人気を集める/フルーツフェア/JAあいち豊田三好営農センター

2013.09.07

JAあいち豊田三好営農センターは9月7日、みよし市三好町にある同JAグリーンステーション三好で「フルーツフェア」を開き、大勢の来場者でにぎわった。
 これは、地元特産品の梨やブドウなどのPRと同JAの直売施設をよく知ってもらうことを目的に同JA職員らが、利用者に日ごろの感謝の気持ちを込めて行ったもので、毎年この時期に開いている。
 イベントでは、梨「豊水」やブドウ「ベリーA」、桃「ゴールデンピーチ」などの果物をお値打ちに販売。直売所内では宅配や贈答用に箱入りの果物が並べられ来場者の人気を集めていた。ほかにも、数量限定の地元産新米コシヒカリや100円均一の野菜などが販売され行列ができるほどの盛況ぶりだった。また、同JAキャラクターの「こめったくん」とPR活動を行う「こめった隊」も会場に登場し、子ども達とダンスを踊ったり、来場者と写真を撮ったりとイベントを盛り上げた。同JA三好営農センターの鈴木昌巳センター長は「大都市近郊のためこの地域は転入者が多い。その人達にも地元農産物や農業を知ってもらい、味わってもらえるよう今後もこのような活動をしていきたい」と話していた。