ニューストピックス

移転新築で利便性向上を目指し/信頼され利用しやすい店舗作りを/JAあいち豊田中金支店起工式

2012.04.05

JAあいち豊田は4月5日、2012年11月のオープンに向け豊田市中金町で同JA中金支店の移転新築工事起工式を行った。
これは、国道153号線の道路拡幅工事によって同支店の一部が収用されたため、移転が必要となり行ったもの。1976年以来、地域の拠点としての役割を担ってきた同支店だが、新店舗はこの地域の特性を活かして農村舞台をイメージし、地域にとけ込みお客様がさらに利用しやすい支店を目指す。今年11月オープン予定の新店舗は鉄骨平屋建て、延べ床面積353,31平方メートルで太陽光発電装置を設置したものになる予定だ。
この日は同JAの柴田文志組合長をはじめ来賓、JA役職員、工事関係者など43人が出席。祝詞奏上や玉串奉奠などの神事に続き、式典後、同JAの柴田組合長は「農村の文化が色濃く残るこの地域にふさわしい支店にしていきたい」とあいさつした。