ニューストピックス

市民に向けて農産物と職員参加でJAをPR/第34回豊田マラソン大会/JAあいち豊田

2013.11.17

JAあいち豊田は11月18日、豊田市千石町の豊田スタジアムで開かれた第34回豊田マラソン大会に協賛し、ジャンボ梨「愛宕」130玉を協賛品として提供。また同大会会場では地元産米を配布するなどして農産物のPR活動を行なった。同大会には役職員29人が「チームJAこめったくん」として登録し出場しイベントを盛り上げた。

この日の同大会開会式には同JAキャラクター「こめったくん」と同JAの新入職員10人が「こめった隊」として出場。今年9月に豊田市に誕生したばかりの「元気っ子体操」を参加者らと一緒に行い、セレモニーを盛り上げた。

同大会は走行距離などで2キロ・4キロ・10キロマラソン部門と分かれて開催。同JAはその中で2キロと4キロ部門であわせて1400人分のゼッケンに同JA名を表示してPRを行った。また愛宕梨は大会のイベントである抽選会の賞品として参加者にプレゼントされ、当選した参加者は「こんな大きな梨が地元にあるなんてビックリ」と笑顔を見せていた。また会場では地元産米をブレンドした「こめった米」(900グラム入)400袋を無料配布し、地元産米をPRした。

同マラソンは毎年1万2千人ほどが参加する豊田市最大のスポーツイベントで、同JAでは地域貢献活動の一環として毎年協力している。