ニューストピックス

市民へ農林畜産物をPR/豊田市農林畜産物品評会「冬の部」/豊田市農産物ブランド化推進協議会

2013.12.12

豊田市農産物ブランド化推進協議会は12月12日、豊田市農林畜産物品評会「冬の部」を豊田市西町にある同市役所で開き、「はくさいの部」「サニーレタスの部」「ねぎの部」「鶏卵の部」「花木の部」「椎茸の部」の6品目の審査および出品物を展示した。

この品評会は優良産品を選定・評価することで生産者がお互いに競いながら品質・生産技術の向上を目指してもらうもの。生産者により良いものをより安全に消費者へ提供するとともに農林畜産業の振興と消費拡大を目的としている。「冬の部」は毎年、同市民へのPRを兼ねて会場を同市役所南庁舎ロビーで開催している。

 この日は、地元の農家が選りすぐりの農畜産物合わせて46点を出品。愛知県豊田加茂農林水産事務所の農業改良普及課や農政課の職員、JAあいち豊田専門技術員、市場関係者など10人が各品目の出品規格や品目ごとに決められたさまざまな審査項目に従って優秀な農畜産物を選んだ。また一般消費者7人が「鶏卵の部」と「椎茸の部」の2部門を審査し、「消費者賞」を選定した。審査を終えた農畜産物は同庁舎のロビーに展示され、その後、生産者の厚意で同市本町にある特別養護老人ホーム「ひまわりの街」に寄贈された。品評会入賞者は以下の通り。(敬称略)

 
【はくさいの部】
 
特別賞=吉田鍈二(豊田市上原町)
 金賞=宇佐美和男(同市貝津町)
【サニーレタスの部】
 
特別賞=松田奈津枝(同市宮町)
 金賞=永田紘司(同市宮町)
【ねぎの部】
 
特別賞=成田光朗(同市美里)
 金賞=加藤政幸(同市宮町)
【鶏卵の部】
 
特別賞=村瀬かつ代(同市大清水町)
 金賞=近藤恒平(同市大島町)
 消費者賞=野村伸正(同市高原町)
【花木の部】
 
特別賞=加藤實(同市林添町)
 金賞=岡田清(同市石楠町)
【椎茸の部】
 
特別賞=黒柳鋼一(同市松平志賀町)
 金賞=前田弘(同市西岡町)
 消費者賞=鈴木実(同市王滝町)

 同協議会が主催する品評会は年間を通じて6月の「にんじんの部」から始まり今回の「冬の部」に至るまで16品目で開催。今回の市役所ロビーのほかに同JAの産直施設や豊田スタジアムなど市民の注目が集まりやすい会場で行いPRにつなげている。