ニューストピックス

JAあいち豊田女性大学「ぷちプリ」が新設/新たな組合員組織を設立してJAファン作りにつなげる/JAあいち豊田農業振興部

2012.05.10

JAあいち豊田は5月10日、みよし市三好町にある同JA三好体験・料理教室「あぐりん」で同JA女性大学(愛称「ぷちプリ」)の入学式を行い、入学者18人を含む27人が出席した。同大学は、同JA管内に暮らす20代~40代の女性を対象に今年度新設された組織。同JAの広報誌やコミュニティ紙を通じて今春募集をかけたもので、カルチャー活動を通じて新たなJAファン層を開拓し仲間作りにつなげていくことが目的だ。

 この日の入学式では、同大学の学長に就任した同JA柴田文志組合長があいさつ。「子どもの食生活を支える子育て世代の皆さんに、文化活動を通じて食と農の大切さ伝えていくものにしていきたい」と話していた。式後は、2回目以降のカリキュラムで使うためのアクセサリーでデコレーションした「名札」作りに挑戦。東海エリアのハンドメイドワークショップなどで講師を務める神谷啓子さんの指導の下、会員らは様々な厚紙の型にカラフルな端切れや布製の小物、ボタンなどを貼り付けて、思い思いのオリジナル名札を約1時間かけて完成させた。参加した同会員の一人は「子育てで忙しいが、時間を決めて自分磨きができるチャンスを有効に活用していきたい」と話していた。

 同JA女性大学「ぷちプリ」は今年度20人が参加。忙しい日々を送っている方に「ちょこっとプリンセスな時間を過ごしてもらおう」と発足。対象世代が参加しやすいように、活動時間中は同JA女性部会員で保育士などの資格を持つ8人が分担して無料の託児サービスを行っている。毎月1回講座が開かれ、「アロマヨガ」「パン作り」「フラワーアレンジメント」など多岐にわたる文化講座を12月までに8回行う予定だ。