ニューストピックス

組合員が集まる新たな拠点/JAあいち豊田高岡支店が営業開始/JAあいち豊田

2012.05.14

豊田市若林西町に移転新築したJAあいち豊田高岡支店が5月14日、同市高岡地区の新たな拠点施設として営業を開始した。

この日は、開店前から多くの来場者が訪れた。オープニングセレモニーでは若林銭太鼓保存会の演奏や同JA役員らによるテープカットなどが行われた。同JAの柴田文志代表理事組合長は「地域交流の拠点として、組合員の皆様や地域の方が多く集まる場所となり、集まった人とその思いに応えることができる支店にしたい」とあいさつした。

オープンから3日間のイベントでは、特別金利での定期貯金お預け入れや来場者へグリーンティーを進呈する。また、オープン初日にはJAこども共済キャラクターのアンパンマンが来場者を出迎えた。

同支店は、高岡支店と若林支店を統合し移転新築したもの。移転先はAコープ若林店やグリーンセンター高岡店も隣接した場所で、JAが目指す「食・農・くらし」を軸とした「地域コミュニティー」づくりを実現する最適の場と位置づけている。新店舗は、昨年10月から建設工事を進め今月8日に竣工。鉄骨2階建て、延べ床面積963.24平方メートルの建物で、JA事業だけでなく様々な活動がこの店舗で行えるよう、談話スペースや広い多目的スペースを設けている。