JAあいち豊田について

経営理念・めざす姿・基本方針

経営理念

地域に根ざし、
人の命と土の文化を育みます。

「人の命」を育むとは

 農業によって組合員や地域の人々の命と健康を守ることはもとより、人々が参加し、協同することによって、人を大切にする豊かな地域社会づくりをめざしていくことです。

「土の文化」を育むとは

 地域の農業を発展させることによって、自然環境と社会環境の保全に貢献するとともに、地域文化のバックボーンである農業文化を大切にし、新たな芽を育み、未来へ継承していくことです。

将来のあるべき姿

「食」・「農」・「くらし」を基軸にする地域に根ざした農業協同組合として
「持続可能な農業」と「豊かで暮らしやすい地域社会」の実現に貢献する

 JAあいち豊田は、地域の農業・社会への貢献を柱として
 存在する姿を「10年先のあるべき姿」として提唱していきます。

基本戦略

「基本戦略」は、10年先のあるべき姿に近づくための道筋であり、中長期的な対応行動の方向と内容を定めるものです。
「農業」・「くらし」・「経営」を着眼点とする3分野の基本戦略を基にして、10年先のあるべき姿の実現を目指していきます。

地域農業戦略
  • 地域農業ビジョン・JA生産販売戦略をもとにした担い手農家の支援活動と販売力の強化、農家組合員の所得向上
  • 土地利用型農業を維持するための農地集積や集落営農等の支援と次世代の地域農業の担い手確保と育成
  • 安全で安心な管内農畜産物の持続的な提供による生産者と消費者の信頼関係の構築
地域くらし戦略
  • JAの独自性と総合性による組合員ニーズに沿った有機的なサービスの提供
  • 支店が拠点となり組合員のくらしに関する総合的な相談に対応できる体制の整備
  • 「喜ばれ」・「満足され」・「感謝される」事業活動をとおして組合員・地域の人たちとのつながりづくり
経営基盤戦略
  • 事業利用を深化させる「タテの取組み」と事業利用の裾野を拡大させる「ヨコの取組み」による組合員世帯・地域の人たちの事業利用拡大と組合員加入の促進
  • 事業伸長による収益確保とメリット還元が両立する継続的な循環型経営の確立
  • JAの強みが発揮できる人材育成と適正要員配置による組合員とのコミュニケーション力の強化