お知らせ

施設園芸研修生の募集

2020.06.19

施設園芸研修生を募集します

 JAあいち豊田では、地域の農業振興を目的として「施設園芸の産地化」を目指しています。強い意志と意欲を持ち「将来農業で生計」をお考えの方のご応募をお待ちしています。

 

ナスのココバック栽培

ナスの養液土耕栽培

 

チンゲン菜のハウス栽培

 

研修生になるには

○研修条件および応募資格

 農業を職業にする強い意志と意欲がある方で、研修終了後も引き続きJAあいち豊田管内(豊田市、みよし市)に居住し、管内で就農できる方。

○募集人数:2名

○募集期間:一次募集:令和2年7月1日(水)~9月30日(水) 終了 

      二次募集:令和2年10月1日(木)~11月30日(月)募集中

      ※郵送の場合は、当日の消印有効

○年  齢:令和3年3月に高等学校を卒業見込みの方から概ね46歳まで

○研修期間:令和3年4月~令和5年3月までの2年間(原則4月から3月まで)

○研修場所:JAあいち豊田 みよし施設園芸支援センター(MGMI~恵み)

○所 在 地:愛知県みよし市明知町大塚132番地3 地図はこちら

○研修内容

野菜栽培概論

野菜園芸学の基礎、栽培技術の基礎、肥料農薬の基礎、ハウス構造・付帯設備、施設野菜環境制御の基礎等

経営管理

経営診断、雇用管理、関連法規、農業簿記等

農業機械

農機操作・メンテナンス等

地域交流

関係機関、地域農家、JA部会、JA青年部等

視察

先進農家、産地、各農業イベント、市場・直売所視察等 

 1年目:講義(座学研修)は愛知県農業大学校が実施するニューファーマーズ研修の受講をして頂きます。実地研修は、みよし施設園芸支援センターにて行います。

 2年目:1年目の経験を実践しながら、研修ハウスでの栽培を中心にヒアリング等を行い、課題解決や改善等を図り就農に向けた準備を行います。

 

 2年間の研修修了後は、研修ハウスにて1年間模擬経営を実施して頂きます。 (自立就農体験)※任意

 

○応募方法

  履歴書に必要事項を記入し、以下のテーマで所定の原稿用紙に記入してください。(原稿用紙1~2枚程度)

 ・作文テーマ

  1.わたしの未来の農業像(研修修了後の農業経営について)

 

  みよし施設園芸支援センターへ郵便もしくは窓口までご持参ください。※ 直接持参する場合は持参前に、みよし施設園芸支援センター(0561-33-1800)まで連絡してください。

 

○参考資料

 JAあいち豊田 みよし施設園芸支援センター

  ・研修計画実施要項 (PDF)

 

 

○必要書類

  ・履歴書 (PDF)

  ・原稿用紙(PDF)

 

 ○Q&A

 Q1.受講料はかかりますか?

 A1.原則無料となります。

 

 Q2.奨学金とは何ですか?

 A2.実地作業にかかる諸手当となります。

 

 Q3.途中でやめる事は可能ですか?

 A3.可能ですが、奨学金の返納請求をさせて頂きます。

 

 Q4.研修期間中にケガなどした場合はどのようになりますか?

 A4.入講する際に必ず各自で傷害保険・傷害共済等に加入して頂きますので、加入した保険・共済等にて対応して頂きます。(証明書の提出をして頂きます。)

 

 Q5.現在はJAあいち豊田管内に居住をしていないが、入講する事は可能ですか?

 A5.可能です。但し、卒業後にJAあいち豊田管内で居住し就農していただきます。

 

 Q6.休講日はありますか?

 A6.原則、市場休みの前日を休講日とします。

 

○問い合わせ先

 JAあいち豊田 みよし施設園芸支援センターMGMI~恵み~

 〒470-0214 愛知県みよし市明知町大塚132番地3

 TEL:0561-33-1800(お問い合わせ時間:平日9時から16時まで)

 E-mail:mgmi@toyota.aichi-ja.or.jp