お知らせ

みよし施設園芸支援センターMGMI~恵み~の紹介

2020.07.01

 

 あいち豊田農業協同組合(以下、「JA」という)は、施設園芸の産地化を目指して、平成31 年4月にみよし施設園芸支援センター(以下、「支援センター」という)を開講しました。

 支援センターの愛称「MGMI(恵み)」は、みよし市で施設園芸農家を育成する大切な取り組みという意味。「Miyoshi Greenhouse MIssion」の略です。

 支援センターでは、園芸作物の栽培技術や経営管理に必要な知識を身に着けるための研修を行い、JAあいち豊田管内での就農を目指す方を支援していきます。

支援センター開講の経緯

 JAでは、地域農業振興計画において、年間を通じ安定的な生産・出荷を行うことができる施設園芸の普及による農家所得の向上に取り組むこととし、「施設園芸の新規産地化」を目指しています。

 その一環として、JA自らが新規就農を支援し施設園芸の担い手を育成・確保していくため、行政等関係機関と連携し、支援センターを開講することとしました。

 

支援センターの概要

(1)名称及び所在地

  名称 みよし施設園芸支援センター(MGMI)

  所在地 みよし市明知町大塚132番地3

(2)研修施設

  栽培施設24a(A棟:ナス・チンゲンサイ20a、B棟:ナス4a)

  事務所兼農産物集出荷場150㎡

(3)ハウスや施設で使用する農機・機器の紹介

  ハウスや施設で使用する農機・機器はこちらからご覧ください。

 

研修生の募集要項

(1)研修条件:農業を職業にする強い意志と意欲がある方で、研修終了後もJA管内に居住し就農できる方。

(2)応募年齢:高等学校を卒業見込みの方から概ね46 歳まで。

(3)研修期間:2年間 原則4月から3月まで

(4)奨学金:毎月15 万円(年間180 万円)

(5)研修作物:施設ナス、施設葉菜類

(6)募集人員:2名

(7)資格取得:研修期間中、必要に応じて資格等の取得を行います。

 

 ※ 現在、施設園芸研修生を募集しています。

   詳しくは、施設園芸研修生募集のご案内をご覧ください。

 

 お問い合わせ先:JAあいち豊田 みよし施設園芸支援センター

         0561-33-1800